• “お問い合わせ電話番号”
HOME>オウンドメディア構築運用

オウンドメディア構築運用


■コンテンツマーケティングから生まれたオウンドメディア


オウンドメディアとは、企業が自社で所有するWebサイトのことを指します。
マス広告などのペイドメディアと、ブログやソーシャルサービスなどのアーンドメディアと並び、トリプルメディアと称されます。

オウンドメディアの主な役割は、ユーザーと企業側が継続的に情報交換を通して関係を築き、絆を深めることです。
これは双方向であっても、そうでなくても構いません。

重要なことはユーザーの目線に立ち、そのニーズに応えられるようなコンテンツを提供することにあります。これはサービスの認知などによる中長期の顧客育成に繋がってきます。


■なぜコンテンツは必要とされるのか


近年、テレビなどのマスメディアの影響力が低下するに伴い、Web上におけるユーザーの行動に変化が生まれています。
Webサイトの数は現在、全世界で10億件を越しているとの報告が出されています。
ユーザーは数えきれない程多くのサイトを閲覧する中で、多くの情報を収集し、比較検討を繰り返します。
つまり、そのユーザーのニーズに応えるコンテンツが用意されているサイトが非常に評価をされている傾向が強くなってきているのです。

Google自身、Webサイトのページレイアウトに関するアルゴリズムを変更し、低品質なコンテンツやスパムリンクの排除を積極的に進めています。

それに伴い、自社サイトに高品質なコンテンツを蓄積し、自社サイトやソーシャルメディアを活用して効率良く拡散させ、売上や営業効率の向上に結びつける企業が増えています。
オウンドメディアは、従来のWebマーケティングの手法ではアプローチ出来ずにいた潜在層に対して、企業の情報やサービスを知ってもらうことが出来ます。
つまり、未来の顧客を育成するために重要なファクターとなっているのです。




■リョーガのオウンドメディア構築運用とは


LYOHGA(リョーガ)の行うオウンドメディア構築運用は、まずユーザー動向を解析した数値を元に、コンテンツテーマや対策キーワードを決めます。
そしてコンバージョンに結びつけるためのコンテンツ新規作成及び既存ページの修正を行い、見込み客や顧客にとって価値のあるコンテンツを創造します。
よって高品質なコンテンツを増やすことが出来、見込み客やターゲットユーザーへの訴求が効果的に行われます。

2014年5月にGoogleの検索アルゴリズムが大幅に変更されたのをご存知でしょうか。
弊社はその頃に、業界内で他社に先駆けていち早くコンテンツマーケティングをリリースしました。
他社より豊富なノウハウや技術力、マーケティング力を元に、売上を向上させる為の集客力の高いサイト構築をご支援出来ます。

お問い合せはこちら