• “お問い合わせ電話番号”
HOME > リョーガWEBニュース > WEBコンサルティングニュース > マーケティングターゲットを考える



マーケティングターゲットを考える



マーケティングにおいて、ターゲットを定めることは何よりも重要です。
当たり前のことですが、それぞれ顧客には年齢や性別、職業など様々な違いがあります。
ターゲットをしっかり設定しなければ、無駄な作業、時間、費用がかかってしまうからです。

自社の商材を必要としていない方にアプローチをしても逆効果であり、非効率なマーケティングと言わざるを得ないでしょう。
逆に、しっかりターゲットを定めていればそのユーザーにあったWebコンテンツやインターフェイスの設計、デザインをしっかり明確にマーケティングすることができ、尚且つPDCAを回しやすくすることができます。


ペルソナマーケティングでターゲットイメージを考える


具体的なユーザーのニーズを掴むために、ユーザーのモデルを作り仮説を立ててターゲットに対するアプローチを明確にしていくことを【ペルソナマーケティング】と言います。
これは実際にターゲットになり得る顧客の口コミやアンケートを参考にユーザー像を設定します。

このマーケティング手法はユーザーの共感意識のイメージを明確にでき社内での共通指標ともなるため、より生産性の高いマーケティング活動を行うことができます。
年代、性別、職業、性格、趣向、Webを利用する時間帯、利用するデバイスなど、細かく設定した仮想ユーザーの行動をシミュレートしましょう。

こうしてできたユーザーの悩みや課題を元にWebマーケティングの戦略に結びつけていくとより具体的な対策が打てるようになります。


ターゲット層を取り込む


Webにおける、最も重要なマーケティング要素は「検索キーワード」です。
上記で挙げたように、ペルソナ化したターゲットユーザーを定めているのであれば、どんなキーワードで対策するべきかを考えなければなりません。
検索キーワードはWebサイト上に掲載する記事の内容や、ブログの内容、テーマ決めをする上では大きな参考情報になります。

いきなり0から情報を書くよりも、ある程度の仮説テーマを決めてから発進できるため、より効率的なマーケティングができます。