• “お問い合わせ電話番号”
HOME > リョーガWEBニュース > WEBコンサルティングニュース > ECサイトでのブログ、SNS活用方法



ECサイトでのブログ、SNS活用方法





ECサイトを運営する上で商品の数やサイトの見栄えだけで集客させることは最適な方法とは言えません。

なぜなら、お客さんは"いかに+
αで自分へ有益な情報をもたらしてくれるか"ということを常に考えながら様々なサイトを回覧しているからです

情報を発信をしていく一つのツールとしてサイト内ブログやSNS
はユーザー目線とSEO目線で見たときに顧客獲得の最重要ツールです。




理由として、下記ポイントがあります。

  1. 告知
  2. 商品紹介
  3. サイトボリュームアップ(独自ドメイン内)
  4. seoに効果がある(独自ドメイン内)
  5. テールキーワードの獲得
  6. 自然発生的な外部リンクの獲得
  7. 口コミ




ユーザーは、商品紹介や告知だけではなく商品の使い方や誕生秘話、実体験情報など
商品に関する有益な情報も欲しています。

上記の様に、
様々な視点からブログを書くことによりSNS上にて拡散されたり、テールキーワードが拾えるなどのメリットがあります。




けれども、ブログを書くのが面倒という方や、
ブログの上手い書き方が分からないという方が多いのではないでしょうか。
以下の情報を参考に上手く活用して行きましょう。





ブログを書くことの意味


商品の販売ページがたくさんあるサイトよりも、
ユーザー目線で商品を通してどのようなメリット。
特徴があるのかを
具体的に情報提供しているサイトは他者に紹介してもらえる可能性
が高く
自然なリンク」を獲得することができます。





アメブロやFC2などの無料レンタルブログは積極的に活用するべき?


アメブロやFC2のようなレンタルブログを利用するよりもドメイン内でコンテンツを増やして行った方が良いです。

なぜならSEO目線で見たときに自社サイトの評価が高まる訳では
ないからです。
アメブロなどから自社サイトへ流入を促すために活用して行く必要
も有りますが、
第一に優先しなければならないのはまずは自社サイトのコンテンツ
の質を高め、
サイトとしての力をつけていくことです。





SNSと口コミ


SNSを上手く活用できていない方が多いと思います。
独自性のある内容や商品でない限り、
SNSで勝手に話題になることは少ないでしょう。
まず大事なのは、
お客さんに興味を引いてもらうためにこちらからちょっとした工夫を仕掛けていく事です。


例えばFacebookのタイムラインで商品紹介の記事を流した
場合、

・商品紹介に使う画像に普段見慣れない画像を載せる
・商品の特徴を端的にまずは見出しに載せる
・商品へのURLは必ず先頭と最下部に記載する
・キャンペーン情報は定期的に必ず発信する


Facebookにおいては毎日多くの情報が流れるため、
多くのユーザーは興味の無い記事に関しては
飛ばして流し読みします。

以上の4点を実践するだけでもお客さんの目に止まり「いいね!」
やシェアによるコメントなどのソーシャルシグナルやを付けてくれる可能性が高まります。



未だブログなどを活用できていないECサイトの運営者の方は是非
ともこの機会に活用を進めてみてください。