• “お問い合わせ電話番号”
HOME > リョーガWEBニュース > WEBコンサルティングニュース > webマーケティングとブランディング



ソーシャルメディアを運用するメリット



大衆が参加しているTwitterやFacebookなどは非常に大きな影響力を持ったソーシャルメディアですので、数多くの企業はソーシャルメディアを運用して、集客や広告、意見交流の場として活用しています。
それに伴いソーシャルメディアを使ったマーケティング(ソーシャルメディアマーケティング)が注目されるようになっています。
それではソーシャルメディアを運用するメリットを3つ上げてみましょう。


3つのメリット


1,距離の近さ

ソーシャルメディアを運用することで、ユーザーと商品開発をしたり、いち早くクレームの改善を処置することで、より多くの顧客に愛される企業作りを可能にすることが出来ます。
ソーシャルメディアでは、顧客から早く本音の詳細なフィードバックが得られ、消費者と深い関わりを持つことが出来るので、結果的に顧客の意見を聞きやすくなります。


2,情報の波及速度

ソーシャルメディアは投稿した情報の波及力がWebサイトなどと比べてかなり早いので、キャンペーン告知などにかなり有効的な運用が可能です。
顧客の意見をより反映できるソーシャルメディアを運用してブランディングを行っている企業も増えています。


3,広告費の削減

テレビや新聞と言ったマスメディアの利用は非常に高額です。
ソーシャルメディアマーケティングは新聞やテレビに比べ、ローコストで宣伝を行うことが出来ます。


ソーシャルメディアは人が反映される


ソーシャルメディアの運用で大きく気をつけたいこととして、人が反映されやすいことです。
TwitterやFacebook、LINEなどのソーシャルメディアが登場したことで、コミュニケーションが取りやすくなりました。
ソーシャルメディア上でユーザーとの「会話」を大事にしている企業は顧客や消費者に好印象を与え、評価を得ています。

このように有効に運用できている企業は増えていますが、残念ながらトラブルに発展することも増えました。
あくまでソーシャルメディアの運用はコミュニケーションの手段の1つであるということを忘れないで下さい。