• “お問い合わせ電話番号”
HOME > リョーガWEBニュース > WEBコンサルティングニュース > Fetch as Googleの使い方



Fetch as Googleの使い方

Fetch as Googleはどのような使い方ができるのか


ウェブマスターツールのFetch as Googleではサイトのクロールテストを実施する事ができます。
つまりGoogleと同じ目線でサイトのエラーチェックをすることができる機能です。







更にデバイス別でのテストが可能です。

URL入力項目の横の部分から選択可能です。





PC
通常のPC用のクローラーです。

モバイル:スマートフォン
スマホ用のクローラーです。
スマホ用のページをユーザーエージェントなどで切り替えてる場合など、正しく振り分けが出来てるか確認しておきましょう。
ちなみにスマホ用のクローラーのユーザーエージェントはiPhoneです。

モバイル:XHTML/WML
XHTMLなどで書かれたモバイルページ用のクローラーです。日本ではあまり一般的ではないかもしれません。

モバイル:cHTML
コンパクトHTMLで書かれたモバイルページ用のクローラーです。日本ではこちらの方が一般的だと思いますので、携帯電話用のページのテストをしたい場合には、こちらを使うことが多いと思います。



Fetch as Googleにはもう一つ大事な機能があります。
新しいページを追加、もしくは修正した場合にクロールの読み込みを早くする機能があります。

サイトのクロールが施行した場合には下記の「成功しました」の右側に出る
「インデックスに送信」
をクリックします。







次に下記の画面が出るため






・この URL のみをクロールする
そのページのみ読み込んでほしい場合
・この URL と直接リンクをクロールする
そのURLにリンクリンクされている全てのページを読み込んでほしい場合

のどちらかを選択しOKを押します。

そうすることにより、Googleがクロールにくるタイミングが気持ち早くなります。


レンダリング機能

Googleは最近、レンダリング機能を実装しました。
Googlebotがどのようにページをクロールするのか、ロボットと同じ目線で画像表示させることが可能になっています。


Javascriptや画像、CSSなどが何らかの理由によりブロックされており、Googlebotが読み込めない場合、画像表示でレポートを出す事ができます。

まとめ

GooglebotはJavascriptの読み込みを強化しており、ユーザー目線でどのようなサイト表示がされているのかを理解することが可能になっています。
よりロボット目線で調べる事が可能になったFetch as Googleは、今後より重宝されてくるでしょう。