• “お問い合わせ電話番号”
HOME > リョーガWEBニュース > WEBコンサルティングニュース > Webマーケティングを疎かにする事で起こる4つのデメリット



Webマーケティングを疎かにしてはいけない理由



今回は、Webマーケティングを疎かにする事で起こる4つのデメリットについてお話します。

考えられるデメリット

 1 収益の伸び悩み
 2 情報収集のアンテナが伸びない
 3 求人や新規顧客獲得にかかる広告費
 4 顧客との交流や意見交換が不十分

どれか一つでも現状であてはまる項目があるなら、それらはWebマーケティングに意識を傾けるだけで、大きく好転する可能性があります。

今さらホームページなんて…
難しそう…
興味はあるけど面倒だな…


そういった意見は至極合理的ですが、その労力に見合うメリットが得られるなら、大局的に見て更に合理的であるのは

Webマーケティングを知る
事でしょう。
それでは項目ずつに解説していきましょう。


デメリット1:収益が伸び悩む


全ての企業は収益の為に尽力します。それはつまり、財かサービスをいかに顧客に買い上げて頂くかということです。
買い上げる顧客がいなければ、企業は立ち行きません。
ただし、広告や人権費が限られた中での集客戦略の厳しさはご存知の通りです。

そんな折、自社Webページの認知度や質が高ければ、そういった機会損失を防ぎ、集客を行うことが可能です。
何故なら、現代は足よりもスマートフォンやパソコンで商品を品定めする時代であるため、Webページへのセッション数や滞在時間は、コンバージョンと密接に結びついているからです。


デメリット2:情報収集のアンテナが伸びない


Webは情報の宝庫です。今や自室から世界情報を取り込む事が当然の時代。
自社の強みと弱みを対外的に把握していく事で、新たなビジネスチャンスを掴み取る糸口が見つかるかも知れません。


デメリット3:求人や新規顧客獲得にかかる広告費


平素から自社の存在を発信する手段に乏しければ、いざ社運を賭けて勝負に挑む瞬間、または即座に優秀な戦略が欲しい場合に広告媒体を経由する事となります。
そんなときにもし、自社のWebページやsnsが充実しており、フォロワーに恵まれていたなら…
こちらから改めて有料広告を打たなくとも、自ずと伝えたい情報を社会に浸透させることができます。


デメリット4:顧客との交流や意見交換が不十分


企業にとって既存顧客の存在は血液に近いものがあります。
彼らの思い、悩み、不明点を共有し、最適なソリューションを返してあげる事で、信頼関係の強いお付き合いと、そこからの紹介やリピーターを育てる近道とする。
そのための合理的な手段は、Webページの問い合わせフォーム拡充だけでなく、snsのシェアリング等で相互にリレーションを育てる事が最適でしょう。


いかがでしたか?
これらの点を見つめ直し、改善が必要であれば…経営戦略の組み立ての一つとして、Webマーケティングの世界に足を踏み入れてみることをお勧めします。