• “お問い合わせ電話番号”
HOME > リョーガWEBニュース > WEBコンサルティングニュース > ウェブマーケティングの手法



ウェブマーケティングの手法



ウェブマーケティングの手法は、ユーザーのニーズや技術力の進化によって新しい手法が生まれたり、または進化するなど大きく変化しています。
新しい情報を手に入れてなるべく早く動いていく事も必要ですが、重要なのは、移り変わりの早い中で適切なウェブマーケティングの手法を選ぶことです。

ではどのような手法があるのか。こちらでは主要なウェブマーケティングの手法を紹介していきます。


4つのウェブマーケティング手法


1.コンテンツマーケティング
おそらくウェブマーケティングに多少の知識がある人ならば、少しは聞いた事がある手法だと思います。
既存顧客、見込み顧客、潜在顧客に対して価値のある情報をコンテンツとして提供していく事で、購買行動を起こさせる手法になります。

2.リスティング広告
SEM(Search Engine Marketing)、検索連動型広告などとも呼ばれるマーケティングの手法で、ユーザーの検索エンジンの検索結果ページに表示する広告の事です。
日本では、Google AdwordsとYahoo!プロモーション広告がメインになります。

リスティング広告ではキーワード毎に入札を行い、GoogleやYahooに広告出稿料を支払います。
入札されたキーワードは、ユーザーが検索すると表示され、クリックされると課金されるシステムになります。
1日の予算を使いきってしまった場合は、それ以降は広告が表示されなくなります。

3.SEO
検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の略称になります。
ユーザーの検索したキーワードの検索結果に、上位表示させる事で意図した興味関心を持つユーザーに対して、アプローチすることが出来る広く知られたウェブマーケティングの手法です。

4.ソーシャルメディアマーケティング
Facebook,Twitterなど近年利用者人口が増えているSNSでのマーケティングの手法になります。
記事の投稿や、広告出稿によって多くのユーザーとコミュニケーションをはかりながら、ブランディングを強化したり、キャンペーンや新商品などの宣伝を行う事が出来ます。


上記4つが現在の主要なウェブマーケティングの手法です。



どの手法が必要か考える


ウェブマーケティング手法すべてに共通しているのは、ターゲットとなるユーザーを把握する事になります。

まず自社のウェブサイトを解析して、ユーザーがサイトにどのようにしてアクセスしているのかを分析しましょう。
その中で、思いがけない発見や、課題などが見つかるはずです。
その課題を改善させることが出来る、適切なウェブマーケティングの手法を選択してください。