• “お問い合わせ電話番号”
HOME > リョーガWEBニュース > WEBコンサルティングニュース > webマーケティングにおける競合分析の必要性



webマーケティングにおける競合分析の必要性



webマーケティングを行う上で、競合分析は最も欠かせない要素です。
多くのwebサイトが作られている今、他社との差別化がもはや必須となってきました。
ユーザーは買いたい商品、使いたいサービスのために、さまざまなサイトで比較検証をします。
web上におけるマーケティングで競合分析を怠らずにやっている企業は間違いなく自社の売上を大きく伸ばすことができるでしょう。

では、競合分析がなぜwebマーケティングにとって必要なのでしょうか。

主な理由として下記が挙げられます。
・ターゲットとする顧客を明確にできる
・自社の立ち位置が分かる
・市場の動きが掴める


つまり、ターゲットのマーケティング分析と共にブランディングの基本的なステップとなるのです。

そして、競合分析を行う上では3C分析に着目する必要があります。
競合他社だけに目を向けているだけでは、十分な分析結果を得ることができません。
自社のマーケティング、市場のマーケティングも必ず加味しながら競合を見ていく必要があります。


競合分析をしないとどうなるのか


競合分析ができていなければ、自社サイトの構築、戦略が全く違った方向に進んでしまうでしょう。
例えば下記のような問題が起こり得ます。

・競合サイトの内容と被ってしまい、差別化が図れない。
・競合サイトよりも、情報量が少なく、信頼性に欠けてしまう。
・競合他社がどこに力を入れてweb対策をしているかがわからないため、無駄な部分にまでweb費用をかけてしまう
・業界で何が求められているのかをわかっていないため、需要とのマッチングができない


こういった状況は絶対的に避けたいところです。
最近では無料で使える競合分析ツールやマーケティング調査ツールが多く出てきています。
いろいろなマーケティング手法を使って深く競合分析を行って行きましょう。


競合分析を活かすための4つのマーケティングポイント


では競合分析を行う上で、実際にどのような部分にフォーカスを当ててマーケティング分析すればよいのでしょうか。
webサイトの役割はユーザーに情報を発信するためのメディアです。
その上で、大事になってくるのが下記の4点です。

1,数字による差別化
例:業界No.1の顧客数・120年の歴史のある老舗

2,量による差別化
情報量の多さ。他社が発信していない情報まで載せているサイト

3,専門性による差別化
市場の中での独自性。
例:東大出身者のみで構成される学習塾

4,見た目による差別化
サイトデザインの色使い、写真、動画等

以上の点の競合他社データをかき集め、差別化を図っていくことで、ユーザーの見る目は確実に変わります。
webマーケティングにおいては常に競合分析を行い、PDCAサイクルを回していくことが、今後のweb戦略で勝ち上がっていくためには必ず必要になってくるでしょう。