• “お問い合わせ電話番号”
HOME > リョーガWEBニュース > WEBコンサルティングニュース > SEOとは



SEOの効果



SEOと言う言葉を知っている方は多いと思いますが、Webサイトを通じてどんな効果をもたらしてくれるのかを具体的に理解している方はそんなに多くはないのではないでしょうか。

SEOで得られる効果には様々な物があります。
正しい方法でSEOを行い、SEO対策の効果を理解し、自社の利益に繋げていくようにしましよう。


効果を出す意味とは


今、全世界のWebサイト数は10億サイト以上あると言われており、その数は現在も増え続けています。
どの企業もwebサイトを持っており、むしろwebサイトが無いことにより、企業価値を下げてしまう場合もあります。
星の数ほどあるwebサイトの中から自社サイトをユーザーに見つけてもらうことは、ただサイトを持っているだけでは難しいでしょう。
そのために、効果的なSEO対策を実施し、まずGoogleやYahoo!などの検索エンジンで上位表示をさせ、多くの人の目につきやすくすることが大事なのです。


SEOがもたらす効果とは


SEOの効果その1:顧客になる可能性の高いユーザーを取り込むことができる

これはユーザーによるキーワードの調べ方にもよりますが、こちらからのプッシュが無くても、ダイレクトに購買等のCVに繋がってくれる可能性があります。
つまりは引き合いが増えることによって、より生産性を高くすることができます。


SEOの効果その2:広告費を抑えられる

チラシなどの印刷物を配布する広告や映像を介した広告、PPC広告などよりも費用を安く抑えられる可能性が高いです。
より多くの人の目につくように広告を出そうと思うと、それだけ費用もかけなければなりません。
しかしサイトの上位表示を目指すためのSEO対策であれば、手間はかかっても広告費はかからず効果を出すことができます。


SEOで効果を出すためには


SEO対策でより効果を出すためには、上位表示を目指すためのプロセスが大事になります。
それはつまり、顧客志向型のサイトの内容でなければ、お客様はすぐに他のサイトに目を向けてしまうということです。

せっかく上位表示できても上記で上げたSEOの効果を存分に発揮できなければ意味がありません。
SEOで効果を出すためには、サイトを見てくれる方に向けて、メリットを与えるための質の高いコンテンツを載せていきましょう。
そうすれば自ずと、SEOでの効果を実感できるようになってくるでしょう。