• “お問い合わせ電話番号”
HOME > リョーガWEBニュース > リスティングニュース > 【リョーガ:リスティングニュース】 品質スコアの改善方法



品質スコアの改善方法



リスティング広告を運用する上では品質スコア(Yahoo!では品質インデックスですが、本記事では品質スコアで統一します。)の改善は欠かせない事項になるかと思います。

品質スコアが高ければクリック単価の改善に繋がります。
上手く行けば100円単位でクリック単価を落とすことも可能なので、仕組みや改善方法等は必ず覚えておいたほうが良いでしょう。

品質スコアはどうやって決まる?


品質スコアは1?10までの数字で評価されており、10が一番高いです。
品質スコアが高いことによりアカウントに与える影響は

・クリック単価の低下
・掲載順位の向上

が主に挙げられます。

では、どういった要因で品質スコアは決まるのでしょうか。

一般的に言われているのは下記の3点です。

・クリック率

クリック率が高いということはユーザーが求めている情報です。


・キーワードと広告の関連性

ユーザーが求めている情報が適切に与えられているかどうかは、広告グループの構成や広告文の関連性が重要です。


・LPの質

リンク先ページの関連性やサイトの利便性も重要です。ユーザーが求めている情報をいかにキャッチしやすいかが基準です。


GoogleでもYahoo!でも、共通して一番重要視しているのは、ユーザーの利便性です。
上記3点を意識していれば、自然と品質スコアは高くなってくるでしょう。


では、具体的にどういった改善方法があるのでしょうか

品質スコアの改善方法


品質スコアの改善には、つまり上記で挙げた3点をしっかり抑えて運用をしてみてください。

クリック率の改善
具体的な数値や他社との差別ポイント、検索キーワードは必ず広告文やタイトルに含めるようにしましょう。
ただし、100%保証等の誇大広告になりそうな文章は避けてください。審査で落ちる可能性が高いです。


キーワードと広告の関連性
広告グループにやたら多くのキーワード(目安として30キーワード以上) が設定されている場合、より細かいグループ分けが必要になるでしょう。
出来る限り一貫性を持たせられるように、なるべくグループを分けるべきです。


LPの質
ユーザーがアクセスした時に、お問い合わせまで繋がりやすい導線になっているか、広告文の根拠となる記述がされているか、文章や画像など情報量が少なすぎないかを意識して下さい。
結局お客さんが行き着くところはWebサイトなので、コンテンツの質を今一度確認しましょう。


まとめ


やはり大事なポイントはユーザーの求めている情報に応えているかどうか、ということに尽きると思います。
ユーザー目線で運用ができていれば、自然と品質スコア=費用対効果の向上が実現できるでしょう。