• “お問い合わせ電話番号”
HOME > リョーガWEBニュース > WEBコンサルティングニュース > 【リョーガ:WEBコンサルティングニュース】オウンドメディア構築に必要なこと



オウンドメディア構築に必要なこと



さまざまな企業がオウンドメディア対策をしていますが、何点か構築するために必要なことがあります。

特に重要なポイントを下記に記載します。

  • ディレクトリ構造(サイト構築)
  • コンテンツのキーワード決め
  • コンテンツ間の導線整備

それぞれについて記載します。

ディレクトリ構造(サイト構築)


サイトを作る上でディレクトリ構造は、大事です。
クローラーが巡回しやすくするために、整えてあげましょう。

例えば、下記の様に纏めます。

営業の方法、テレアポのトーク内容などを細分化しています。
2階層目に大まかな内容【営業・テレアポ・セミナー・研修】3階層目には【営業の方法・営業の売れるポイント…etc】の様にして、クローラーを誘導し、サイトの評価上げるのが目的です。

結果、クロールされる頻度が上がり、アクセス数が増えました。
ですのでクローラーが巡回しやすいサイトにしなければいけないのです。

コンテンツのキーワード決め


ユーザーが求めている内容をコンテンツにするだけでは、なかなか上位表示されません。
また上位表示されても月間検索ボリューム10と低い数値のキーワードを選んでコンテンツを制作しても集客化するのに時間がかなり掛かります。
その為にも月間検索ボリュームの高い数値から制作していきましょう。
かつ競合性が低いキーワードを選べば、集客化がスピードアップします。


コンテンツ間の導線整備


例えば、フォーマルなスーツの選び方というコンテンツを読んだユーザーが次に見るコンテンツとして考えられるのは、フォーマルスーツの商品ページかシャツや小物などに関する知識コンテンツだと思います。
しかし上記の様な導線がなければ、探す手間が出てきてしまいます。
その手間が離脱に繋がります。

ユーザーが次に何を求めているのかを考えながら導線を整備していきましょう。

その他にも、細かいことを意識しながらオウンドメディアを制作していきましょう。

気になることがあれば、お気軽にお問い合わせください。